ありがたい事に、


成人式の出来事や感想を


店頭もしくはSNSを通して伝えて頂いております。



アルバイトを詰め込み、購入して頂いたセットアップや革靴は


その日のためであり、これからの為でもあったなと、、、



そう実感して頂ける自信しかありません。



一時の輝きではなく、

長くお使い頂く中で


確かな良さを感じて頂けるアイテム。



それがsignがセレクトするモノの基準であり、


signに訪れて頂く1つのイミになればと思っています。





本日はそんなsignが最も信頼を置く「足元」をご紹介。




CALMANTHOLOGY


モードからクラシックに至るまで、

様々な手法を取り入れた靴作りで高い評価を得てきた

デザイナー・金子真氏が手掛けている。


ブランド名のカルマンソロジーは、

「CALM=静寂」「ANTHOLOGY=詩集」の造語で、「言葉なき詩集」という意味があり、


金子氏がアジェの作品を見たときに思い浮かんだことだという。


静寂に、物、語らぬ世界を切り取り、時代の変化とは離れたところで、

信念を貫き通したアジェの思想に、靴づくりを重ね合わせている。


「伝統と進化」というコンセプトを持つカルマンソロジー。


日本人ならではのバランス感覚を持った洗練されたシューズは、

品格を併せ持つ大人の男性に向け、新たなスタンダードとして提案している。




[TASSEL BLUCHER]



[CHUKKA BOOTS]




洋服を好きになってからこれまで、


足元には常に革靴を選んできました。


そんな自身がたどり着いたのがこのブランドです。




長く使い続けるものだからこそ、


今までの経験と今の気持ちを


店頭で伝えさせて頂ければなと、、、





コーディネートの1番の重心。

© 2019 sign

  • Instagram