こんばんは。

スタッフの西田です。


ありがたい事に、

基本的に毎日signの店頭に

立たせて頂いているのですが、


先日、SNSで頻繁に見かける

「おうち時間」に対して、


自分ならどう過ごしているのだろう?

と疑問に思いました。


読書をしたり、映画をみたり、

模様替えをしたり、

きっと普段中々、

ゆっくりと時間の取れない事をしてみるのかなと思ったり…


何をするか?は

考えれば考えるほど定まらず…


時間がありすぎるのは罪だなと。


ですが、

自分の長い「おうち時間」をイメージする中で

これだけは絶対にしているなと思う事もあります。


それは言わずもがな

「好きな洋服を着る事」です。


(きっと友人達には馬鹿にされるかもしれませんが…笑)


どこに出かける訳ではないけれど、

自分にとっての変えがたいところは

そこかなと。


気分をあげてくれたり、

自信を持たせてくれたり、

自分の生活を少し豊かにしてくれる。


きっとどんな状況であっても

自分らしさ、普段らしさを保ってくれるのが

洋服なのかもしれません。



という事で、

本日ご紹介させて頂くのは

自宅で、リラックスしながらも拘った洋服を着たいんだけど、

という方に是非ともお勧めさせて頂きたいブランドです。


サラッと着て頂ける、

いい意味で肩の力が抜けた洋服達です。



"Phlannel" Cotton Open-end Yarn Long T-shirt


70年代の「FRUIT OF THE LOOM」のTシャツを元に開発されたジャージ素材を少し度詰めし展開。24G。インドの超長綿を原料とした空紡糸を使用。アメリカ製Tシャツによく用いられる空紡糸は空気圧で繊維が撚り合さった構造を持つ。繊維の間に空気を含む為、ふっくらしたボリューム感を糸に持ちながらも、ドライでざっくりとしたナチュラルな硬めの風合いになるのが特徴ですが、超長綿を用いることで、毛羽が立ちにくく、長持ちする。ドライタッチを持ちながらも、超長綿の光沢感やなめらかさがある。吸湿性、速乾性に優れた定番のオーバサイズのロングスリーブT。


MATERIAL

Cotton 100%



Cream



Bluish Purpel



Deep Gray



"Phlannel" Suvin Cotton Sweat Shirt


SUVIN COTTONを原料とした裏毛素材。

表24/1、裏20 / 1.18Gを度詰めして仕上げ、SUVN独特の肌触りの良さ、品のある光沢があり、洗濯毎に風合いが増しながらも型崩れがしにくい、上品なオリジナル裏毛素材。

フランス軍のコンバット用スェットアンダーウェアーがベース。

裾などのデテールをアレンジ。きれいめのボトムとのスタイリングがお勧め。

通常のスウェット素材とロンTの間の程よい肉感は長期に渡って活用できる。


MATERIAL

COTTON 100%

Black



"Phlannl" American Sea Island Linen 2tuck Trousers


経糸:66/1リネン、緯糸:30/1アメリカンシーアイランドコットン。フシが少なく糸面が続麗なヨーロッパ原料のリネンと、「海島綿」の稀代なる血統を受け継ぎ、進化を遂げた最高級綿。アメリカンシーアイランドコットンの糸を交織しており、独特な触感が味わえる素材。昨年に続けて展開。デザインは定番の2タックトラウザー。


MATERIAL

Linen 57% Cotton 43%

Lining:Cupra 100%


Pink


Camel


Navy



"Phlannel" FA-188

今までの生地から番手を細くし、しなやかで柔らかさがある生地に変更。

40/2コーマ糸×30/2カード糸によるギャバ組織。経糸に光沢のある糸を使う事で上品な先沢感がある。ゆっくりと力強く織り上げていくベルギー製シャットル織機ピカノールで織られている為、1日の生産数も少ない。世界的にみても殆ど台数のない貴重な織機で織られたこの生地は丈夫で丁寧に生産されている。季節による気温や湿度の変動によって織り上がりにバラつきを防ぐ為、職人により調整され、毎日均一の品質を保ち続けている。

織機や織られている工程含め、希少価値のある1本。

デザインは、フランス軍のチノがベース。その特徴である2タックとテーパードシルエットはキープしながら、分量感を減らし、スタイリングしやすいバランスに仕上がっている。

50番ステッチ21針、ポケットをもみ玉ポケットにするなど、上品に仕上げたチノ。


MATERIAL

Cotton 100%


Beige



人に会う事が制限されているからこそ、

好きな洋服を。


普段より時間の制限がないからこそ、

好きな事を。


ぼちぼちやる事が

今は必要なのかもしれません。


ぜひ充実した「おうち時間」を

お過ごし下さい。



本日ご紹介させて頂いた洋服も

オンラインサイトに掲載しております。


また、現在

ケントさんの行きつけのお店であり、

(僕も大好きなお店です笑)


小学校からのご友人が経営されているお店。


「焼鳥 福籠」


面白い企画を考案中です。

少しでも皆さんの「おうち時間」を

充実させるお手伝いができれば

とても嬉しいです。


明日、本日ご紹介させて頂いた洋服の

着用画像も掲載させて頂きますので、

そちらもお楽しみに。

おうち時間=幸服時間

© 2019 sign

  • Instagram